マロンショップ

Just another WordPress site

楽天カードのメリットを詳しく解説!

クレジットカードを作ろうかなと思っている皆さん、カードの種類がありすぎて迷っていませんか。クレカを作るときに気にすべき点は、年会費に対するコスパ、還元率、貯めたポイントをどこで使えるかです。

この3つのポイントをおさえた上で、自分のライフスタイルに合っているカードを探しましょう。年会費無料の楽天カードのポイントは、貯めやすさと使いやすさで群を抜いています。

楽天カードは、他のクレジットカードと比べてどこが強くてどこが弱いのか、詳しく見ていきましょう。

 

詳しくはこちらをクリック!

まずはお得なカードの条件をおさえよう

クレジットカードを新たに作りたいと思っているなら、楽天カードが断然オススメです。なぜオススメなのかを説明する前に、お得なクレカの条件を確認しておきましょう。

お得なクレカの条件は、年会費が無料、または年会費以上のサービスが受けられること。そして、ポイントが貯まりやすく、貯めたポイントが使いやすいことです。

も自分のライフスタイルにあっているかも重要です。自分が普段利用するサービスをお得に使えるかチェックしましょう。

ポイント高還元率で貯めたポイントが使いやすいのは必須条件

お得なクレカを選ぶなら、まず還元率をチェックしてください。

ポイント還元や現金値引きでの還元がありますが、一般的なのはクレカの利用に応じてポイントが貯まるカードで、このポイントが貯まる割合が還元率です。還元率が高いほど、早くたくさんポイントが貯まります。

貯めたポイントの使いやすさもポイントです。

  • ポイントは、カード会社が用意したプレゼントと交換するしかできない
  • ポイントは自社サービスの利用のみに使える
  • 1000ポイント単位でしか使えない
    (使えるポイント数が貯まるまで時間がかかる)

こんなポイントシステムだと、使い勝手が悪いですよね。カード会社が用意した交換用プレゼントも、相当ポイントを貯めないと、大したものがもらえません。

よく利用するサービスや店舗で使えるか見極めるのが重要

旅行に全然行かない人が、マイルが貯まる航空会社のクレジットカードや、空港ラウンジを使えるカードを持っていても仕方ありません。

クレジットカードを選ぶときは、自分が利用するサービスでポイントが貯まるか、そのサービスにポイントが使えるかが重要です。

 

楽天カードは高還元!ポイントの貯めやすさを徹底分析

具体的に楽天カードと他のクレジットカードを比べていきましょう。年会費無料の楽天カードと、年会費10,800円の楽天プレミアムカードがありますが、まず年会費無料の楽天カードについて説明します。

年会費無料人気カードの還元率比較表

楽天カードの人気の理由は、ポイントの還元率が高いことです。

通常、楽天カードで100円利用するごとに1%のポイントが還元されます。他のクレジットカードと還元率を比べてみました。

カード 貯まるポイント 還元率
楽天カード
楽天プレミアムカード
楽天スーパーポイント 1.000%~
REX CARD REX POINT 1.25%~
Orico Card The Point オリコポイント 1.000%~
Yahoo!JAPANカード Tポイント 1.000%~
dカード Tポイント 1.000%~

楽天カードは、高還元で知られる他カードと比べても遜色ない還元率です。

楽天市場で最大還元率14%

楽天スーパーポイントアップ最大14%説明画像

楽天カードは通常100円につき1ポイント(還元率1%)ですが、楽天市場で楽天カードを使うと還元率が3%になり、更に楽天のサービスを利用する事により、最大14%まで還元率がアップします。

  • 通常の買い物で1%
  • 楽天カードで決済すれば3%(通常1%+2%)
  • 楽天プレミアムカードもしくは楽天ゴールドカード利用で更に2%プラス
  • 楽天モバイル通話SIM利用で更に2%プラス
  • 楽天市場アプリでの買い物分のみ1%プラス
  • 楽天ブックスまたは楽天Kobo利用合計月2,000円以上で更に1%プラス
  • 楽天ブランドアベニュー月1回以上の購入で更に1%プラス
  • Rakuten TVでNBA Specialに加入すると更に1%プラス
  • 楽天ビューティ月1回1,500円以上利用で更に1%プラス

楽天カードを利用する以外にも、アプリを利用したり楽天モバイルを利用するなど、楽天のサービスを多数利用することにより楽天市場での還元率がアップする仕組みです。楽天市場をよく利用する方に、楽天カードは必携ですね。

 

ENEOSでの利用もめちゃ得!ENEOSカードより高還元

ポイント加盟店の中で、特におすすめなのはポイント2倍になるENEOSでの利用です。

なんと、ENEOSのハウスカード※であるENEOSカードよりも高還元なんです。ENEOSカードにはC、P、Sの3タイプがあり、年会費無料なのはSです。ENEOSカードSを使うと、ガソリン1リットルあたり2円が値引きされます(ポイント還元はなし)。

ガソリンを50リットル入れたとして、楽天カードの還元ポイントと、ENEOSカードSでの値引き額を比較してみましょう。

ガソリンが100円より高くなると楽天カードのほうがお得になります。

レギュラーじゃなくてハイオクの人には、特に嬉しいですね!

 

楽天Edyへのチャージでポイントが貯まる

楽天Edy使い方説明画像

楽天カードを使って、楽天Edyをチャージしたときもポイントが貯まります。

チャージ200円につき楽天スーパーポイントが1ポイント貯まり、しかもEdyをコンビニなどで使った時にも200円で1ポイントが貯まります。

楽天Edyが使えるのは、こんなお店です。

【コンビニ】セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクスなど

【その他小売】イトーヨーカドー、マツモトキヨシ、ドラッグセガミ、アマゾン、楽天市場、ブックオフ、紀伊國屋書店、ビックカメラ、ヨドバシカメラ など

楽天Edyと楽天カードの組み合わせより楽天カード単体で利用した方がお得

楽天Edyを楽天カードでチャージすると0.5%、楽天Edy利用で0.5%ポイントが付与されますので、合計還元率は1%となります。

楽天カード単体での利用時も1%のポイントがつき、一見還元率は同じに見えますが、端数がカットされる分楽天カードで決済した方がお得なのです。

その理由は、楽天Edy利用時は200円につき1ポイント、楽天カード利用時は100円につき1ポイント付与される点です。

例えば700円利用した場合、楽天Edyで払うと3ポイント、楽天カードで払うと7ポイント付与され、楽天カード単体で払った方が多くポイントを獲得できます。

電子マネーは少額決済でも気軽に使える点が魅力ですが、コンビニでも1万円以下ならサイン不要でクレジットカード払いができますので、無駄なくポイントを獲得したい方は楽天カード1枚で支払いを済ませましょう。

楽天ポイントカード機能を利用すればもっとポイントが貯まる

楽天スーパーポイント貯まる店舗一覧画像

楽天カードを申し込むと、クレジットカードと楽天ポイントカード※機能が一緒になったカードが届きます。この楽天ポイントカード機能を活用すれば、いわゆる「ポイントの2重取り」が可能です。

楽天ポイントカード
楽天ポイントカード
楽天ポイントカード

楽天ポイントカードは、楽天ポイントカード加盟店で利用できます。

【コンビニ】サークルKサンクス、ポプラ、くらしハウス、スリーエイト など

【ガソリンスタンド】出光サービスステーション、伊藤忠エネクス など

【小売】大丸、松坂屋、ジョーシン、マザーピア、J&P、キッズランド、つるやゴルフ、田村書店 など

【飲食】ミスタードーナツ、MOSDO など

【その他】ミュゼプラチナム、引越しは日通、葬儀会館ティア など

【楽天ポイントカードとは】コンビニやガソリンスタンドなどでためた楽天ポイントを使うためのカード。お金を支払った時にポイントを貯めることもできる。

楽天スーパーポイントは超使いやすい!電子マネーとしても利用可

楽天スーパーポイントは、コンビニやガソリンスタンドでの利用、楽天市場での買物でザクザク貯まります。そして、貯まった楽天スーパーポイントの使い勝手がいいのも、楽天カードの魅力です。

楽天市場での買物で、1円単位まで使いきれる

各クレジットカードで貯まるポイントの利用方法をまとめてみました。

楽天スーパーポイントは超使いやすい!電子マネーとしても利用可

楽天スーパーポイントは、コンビニやガソリンスタンドでの利用、楽天市場での買物でザクザク貯まります。そして、貯まった楽天スーパーポイントの使い勝手がいいのも、楽天カードの魅力です。

楽天市場での買物で、1円単位まで使いきれる

各クレジットカードで貯まるポイントの利用方法をまとめてみました。

楽天ポイントのいいところは、なんといっても1ptから1pt単位で使えることです。

例えば高還元で知られるREX CARDのREX POINTは1500pt貯まらないとカード請求額への充当ができません。

 

まとめ

ここまで楽天カードのメリット・デメリットを紹介してきました。楽天カードの良さが伝わったでしょうか。

もしかしたら、他の人気カードとの比較で、まだ悩んでいる人もいるかもしれませんね。そこで、楽天カードと、Yahoo!JAPANカード、リクルートカードのみを抜き出して比較してみました。やっぱり、楽天カードが最強でしょう?

詳しくはここをクリック