マロンショップ

Just another WordPress site

楽天エナジーと東北電力の違いを徹底検証!

楽天エナジーと東京電力ではどちらが電気料金をお得にできるのか気になる方も多いでしょう。楽天エナジーは楽天グループのサービスをお得に利用できる一方で、東京電力も新たなにサービスを加えているため魅力がありそうです。そこで、両社の比較をしてみました。

はじめに

楽天エナジーと東京電力は、それぞれで電気料金プランもサービス内容も異なります。電力自由化で従来の電気料金よりもお得になるために、それぞれの内容やメリットを確認してみましょう。

楽天エナジーとは?

楽天エナジーは通信販売などでお馴染みの楽天株式会社が提供する電力サービスで、一般家庭や小規模施設向けに『まちでんき』の名称で電力を販売しています。

提供している楽天エナジーはどんな会社?

楽天エナジーは電力自由化で新規参入した新電力のひとつですが、運営母体は楽天株式会社です。通販サイトの運営、銀行・証券、通信、保険など多様なサービスを展開しています。楽天エナジーは楽天グループの一員として豊富なキャンペーンを展開しているほか、契約により楽天ポイントを貯められます。

楽天エナジーのこれまでの電気の販売実績

楽天エナジーではこれまで大型施設向けに『iシェアリングサービス』というサービスを提供し、電力会社との交渉により顧客に安価な電力を届けています。つまり、直接電力を作り販売するわけではなく、マネジメントサービスをしているということです。

2016年4月の電力自由化から新たに始めた『まちでんき』では、電力販売実績が豊富な丸紅新電力から電力供給を受けて顧客に販売しています。

楽天エナジーと東京電力の違い

ここからは楽天エナジーがどのようなサービスを提供しているのか、既存の電力会社である東京電力と比較してみます。東京電力との違いから楽天エナジーと契約するメリットが見えてくるかもしれません。

楽天エナジーと東京電力の従量電灯Bの違い

まずは最も気になる電気料金プランを比較してみましょう。ここでは楽天エナジーが提供する一般家庭向けのスタンダードプランと東京電力の従量電灯Bで見ていきます。

料金表の違い

詳細は以下の通りですが、楽天エナジーでは東京電力よりも基本料金が高い一方で、従量料金は安価に設定されているようです。

○楽天エナジー(スタンダードプラン)
基本料金
30A…1,247.20円
40A…1,247.20円
50A…1,526.00円
60A…1,804.80円
電力量料金単価
最初の120kWhまで…19.43円/kWh
120kWh超過~300kWhまで…25.91円/kWh
300kWh超過…25.91円/kWh

○東京電力(従量電灯B)
30A…842.40円
40A…1,123.20円
50A…1,404.00円
60A…1,684.80円
電力量料金単価
最初の120kWhまで…19.52 円/kWh
120kWh超過~300kWhまで…26.00円/kWh
300kWh超過…30.02円/kWh

計算結果

東京電力によると、東京電力エリアの一般家庭の契約電力は34.88A、使用電力量は248.7kWhということですので、こちらの数字をモデルケースにして楽天エナジーと東京電力でどれだけ電気料金が異なるのか見ていきます。

 

○楽天エナ
基本料金(40A)1,247.20円+電力量料金5,666円=6,913.42円
○東京電力
基本料金(40A)1,123.20円+電力量料金5,688.6円=6,811.8円

ここでの試算では東京電力が約101.62円安くなりました。次に、契約容量は同じで使用電力量が330kWhになったと仮定して計算してみます。

 

○楽天エナジー
基本料金(40A)1,247.20円+電力量料金6,444円=7,690.72円

○東京電力
基本料金(40A)1,123.20円+電力量料金6,589.20円=7,712.40円

今度は楽天エナジーのほうが約21.7円安くなるという結果になりました。これは楽天エナジーが3段階目の従量料金が安くなっていることが要因ですね。

こんな人はお得!

上記の計算結果から、使用電力量が少ない家庭では東京電力、使用電力量が多い家庭では楽天エナジーでお得になるということが言えます。特に3段階目の従量料金が安い楽天エナジーは、使用電力量が大きくなるほど電気料金が安くなることが期待できます。

ここでの試算では、契約容量が40Aのケースでは毎月の使用電力量が330kWhを超えるようであれば楽天エナジーがお得であることが分かりましたが、他の契約容量ではお得になる使用電力量が異なってくると思われ、ケースに応じて試算が必要になりそうですね。

楽天エナジーと東京電力のポイントの違い

次に楽天エナジーと東京電力でもらえるポイントはどのように違うのか見ていきましょう。

ポイントの種類の違い

楽天エナジーでは使用電力量10kWhにつき1ポイント付与され、1ポイント1円として楽天株式会社の各種サービスで利用できます。東京電力では1,000円につき5ポイント貯められ、ポイント交換先は『Tポイント』または『Pontaポイント』から選択できます。

年間でつくポイントの量の違い

先ほどの毎月330kWhの電力を使用した場合で考えてみると、楽天エナジーは10kWhで1ポイントですから330ポイント、東京電力は1,000円で5ポイントですから7,712.40円で35ポイントです。年間では楽天エナジーは3,960ポイント、東京電力は420ポイントになり、楽天エナジーのほうがポイントを圧倒的に多くもらえることがわかります。

こんな人はお得!

どちらもポイントをもらえますが、楽天エナジーのほうがもらえるポイント量は多くなります。付与されたポイントは楽天のサービスで1ポイント1円で利用可能ですから、楽天市場などをよく利用する方には大変お得です。

楽天エナジーと東京電力の電源構成の違い

楽天エナジーの電力供給は提携先の丸紅新電力が担当しています。丸紅新電力の詳細な電源構成は公開されていませんが、自社発電設備を備え、火力をはじめ再生可能エネルギーにも積極的に取り組んでいます。東京電力はガス発電が65%、石炭18%、石油及び水力6%、再生可能エネルギー等3%で占められています。

こんな人は要チェック!

電力会社によって電源構成は大きく異なります。従来の火力発電割合が高いところもあれば、再生可能エネルギー比率を高めているところもあります。電力自由化に伴い、環境に配慮された電力を選んで購入することもできます。

丸紅新電力の再生可能エネルギー割合は正確には公表されていないものの、小水力発電がグループ内発電の7割を占めていることから環境に配慮した発電を行っていると言えるでしょう。

楽天エナジーと東京電力のセット割の違い

楽天エナジーは楽天の各種サービスで利用できるクーポンをもらえるセット割引きを用意しています。対する東京電力でも提携先とのセット割を用意しています。

セットになるサービスの違い

楽天エナジーは楽天グループ内のスーパーマーケット、書籍購入、動画コンテンツ、ゴルフ場利用で使えるクーポンを配布しています。東京電力ではインターネット、有線などの利用で割引きを受けられます。

割引率の違い

楽天エナジーの場合、書籍は10%オフ、その他は100円~1,000円の割引きを受けられます。東京電力は契約する提携先サービスにより内容が異なります。

こんな人はお得!

両社ともに生活に密着するセット割を提供しているため、それぞれの生活に合わせた契約によりお得になる可能性があります。ただ、お得になる金額は大きなメリットとは言いがたいものもあるため、おまけ程度に考えておくのが良いかもしれません。

楽天エナジーの特典

『まちでんき』の契約により5,000ポイントもらえます。ただし、関西・中国エリアに限定されていること、2016年10月3日までの限定サービスであることに注意しましょう。

こんな人はお得!

もらえる5,000ポイントは、そのまま5,000円分として利用できます。契約だけで5,000円分もらえ、買い物などに使えます。普段から楽天のサービスを利用している方には大変お得ですね。

東京電力から楽天エナジーへの変更方法

東京電力から楽天エナジーへ契約を切り替えるにはどうすればいいのでしょうか。ここでは契約切替方法、注意点などを見ていきましょう。

契約切り替えの際は先に楽天エナジーに申し込みを行います。インターネットから申し込みを行い、必要事項を記入して支払い口座を登録します。東京電力の解約手続きは楽天エナジー側で行ってくれます。

注意点

楽天エナジーと契約する段階で現在の契約容量を変更できないため、現在契約している電力会社で契約容量を変更してから申し込みする必要があります。また、申し込みから利用開始まで1ヶ月程度かかる場合もあります。

本当に安くなるかをあらかじめ計算してみる

東京電力から楽天エナジーに契約を乗り換えることで電気料金が安くなる可能性が大いにあります。とはいえ、必ず安くなるとは言い切れませんし、電気料金が安くなる金額は家庭によって異なりますので、あらかじめシミュレーションで確認してみましょう。

楽天エナジーの入会・解約条件

楽天エナジーに加入する条件は特にありませんが、強いて言えば楽天会員への加入が必要です。解約時は違約金はありませんが、託送供給等約款に定められているように工事費などを請求されるケースがあります。

まとめ

東京電力から楽天エナジーに乗り換えることで電気料金を大きく下げられる可能性があるほか、楽天の各種サービスをお得に利用できるようになります。電力自由化でたくさんの新電力が参入していますが、楽天エナジーはその中でも魅力的なサービスを提供している電力会社と言えるでしょう。