マロンショップ

Just another WordPress site

JTB海外旅行 おトクな海外ツアーが登場!

JTB海外旅行の予約はこちら

 

 

今回は、ネタになること間違いなしの好奇心をそそる海外旅行先を、アドバイスします。

 

湖に沈む万里の長城 黄花城(北京)

万里の長城は万里の長城でも、皆が思い浮かべるのとはひと味違った姿。ダムの建設により、湖底に万里の長城の一部が沈んでいるという、非常に珍しい場所があるんです。北京の郊外にありますが、意外と日本では知られていない珍百景です。

中国の最新情報やツアーをチェック

あなただけの自由旅「ダイナミックJTB」

 

 

陸路で国境越えにチャレンジ

島国で育った日本人にとって、陸路で国境越えってちょっと憧れません?例えば、こんなところ、どうでしょう。

【モンゴル―中国国境のモンゴル側、ザミンウデ】
風景としてはどこか見知った近所のようかも…でも、それでいて他の人がほとんど訪れたことがないような場所であるのがポイント。

 

【パリ~イタリアを寝台列車THELLO(テロ)で移動】

オシャレ。だけどちょっと普通じゃない感じ。

 

【ニース~モナコ~ヴェンティミリア(イタリア側の国境の街)を鉄道で移動】

フランスのニースからイタリアのヴェンティミリアまでは鉄道で40分くらい。途中でモナコも通るので、1日で3ヵ国日帰り旅行もできちゃう!たった1駅で言葉が変わるのはなかなか新鮮ですよ。

 

モンゴルの最新情報やツアーをチェック

ヨーロッパの最新情報やツアーをチェック

あなただけの自由旅「ダイナミックJTB」

 

 

 

 

コスタリカで幻の鳥を追う

実体験に基づく提案です。Web販促担当Sは「幻の鳥ケツァール」を見に、中米のコスタリカへ行きました。

特別鳥が大好きな訳ではなかったものの、なぜかTVで見たケツァールに惹かれ、男友達と2人旅を決行したそう。

モンテベルデなどの自然保護区でバードウォッチングをし、大自然に触れ、さらに現地のバナナをたくさん食べ満足して帰国しています。

大地に触れる旅「地球の詩 壮大なる旅の叙情詩」

 

 

フィジーでサメの餌付け体験

イルカと泳ぐとかクジラと泳ぐとか、そういったものでは生ぬるい、という方はこちらの方が惹かれるでしょうか。

フィジーでは、ケージに入らずにサメに直接餌付けをする様子を間近で観る「シャークダイビング」なるものがあります。

どうやらサメ愛好家のダイバーの間では有名だとか。安全面は考慮された上での実施ではあるものの…このスリリングな体験、挑戦してみますか?!

フィジーの最新情報やツアーをチェック

 

 

 

香港のカオスなビルを訪問

話のネタになる旅行は、どれだけ厳しい体験をしたか(男性目線)。というわけで、香港の重慶(チョンキン)マンションをピックアップします。

ここは安宿や両替商、雑貨店、エスニック料理店などが無秩序のように混在する雑居ビル。

あの香港の、しかも思いっきり中心部になぜこんなところがあるのだろうと本当に不思議な、違和感さえ覚える場所です。

ここに入っている両替店のレートがよいことを目的に訪れる観光客も少なくないようですが、カオスな外観そのものが、女性目線とは違った「インスタ映え」する光景かも??

 

カオスなビルといえば、「モンスタービル」も知られるようになりましたよね。ぜひ注目を!

※ここだけに限った話ではありませんが、くれぐれも身の安全対策は怠りなく!

香港の最新情報やツアーをチェック

あなただけの自由旅「ダイナミックJTB」

 

アマゾンでワイルド体験

ワイルドこの上ない体験の数々をできる場所といったら、ここでしょう。

アマゾン川クルーズをしてピラニア釣りをしたり、日本では思いもよらなかったあれこれを食したり、周辺にワニがいるロッジに宿泊したり…と、話のネタになりそうな体験が尽きません。

とはいえ、ワイルドばかりではありません。

実際にアマゾンに行ったキュレーター上野の友人は、アマゾン川クルーズのボートから夕陽を眺めたり、自然の中でのんびりしたりと、とても満足した様子でした。

大地に触れる旅「地球の詩 壮大なる旅の叙情詩」

南米の最新情報やツアーをチェック

 

 

世界一きれいに星が見える!アタカマ砂漠でサイクリング

チリの北部にあるアタカマ砂漠は、平均標高2,000メートルという高さと極度の乾燥で「世界一星がきれいに見られる」と言われ、各国の天体観測施設が建てられています。

サン・ペドロ・デ・アタカマという町からは、車で15分ほどの距離に砂漠が広がっています。

小さな町に数多ある旅行会社からツアーに申し込むこともできますが、自分で地図を見ながらサイクリングすることも可能!

(砂漠といっても、ある程度自転車や車が走れるようにはなっています。)

アメリカ企画担当Uが行った時は、砂漠なのに8年に一度という大雨が降ってしまい、星空は見ることができず、代わりに砂漠に川が現れ、あちこちに雷が落ちるというスリリングな体験になったとか…

ちなみに、アタカマ砂漠から隣国ボリビアのウユニ塩湖へ抜ける2泊3日の現地発着ツアーもあるようです。

ただウユニ塩湖に行くだけではつまらないという旅慣れた方は、プラスαの冒険要素として見てみては?

大地に触れる旅「地球の詩 壮大なる旅の叙情詩」

南米の最新情報やツアーをチェック

 

 

 

まだまだある、‘自慢したくなる’旅

思う存分、挙げてみました。

* カナダで鮭の遡上見学(キャッチもできたらなおよし)

* 北欧で犬ぞりライセンス取得

* 50年代のレトロなアメ車でドライブinキューバ

* ラオスでゾウ使いライセンス取得

 

 

* ゴア(インド)のビーチでひたすらのんびりして、夜は海辺で存分に飲む

* 格安の地ベトナムで、カジノとクラブに通い詰める

* マカオでひたすら食事や娯楽を満喫し、飽きたらマカオタワーのバンジージャンプにトライ

* サンフランシスコを拠点に、シリコンバレー周辺でスタートアップ企業巡り&ナパやソノマでワイナリー巡り

* フィリピンのセブ島でアイランドホッピング&サンセットクルーズを楽しむ

* シンガポールの夜景をバックにイケイケ写真を撮る

* イタリアコモ湖畔の高級ホテルでゆったり。ミラノからは電車旅行

* ウクライナの首都キエフで美味しいボルシチを食べ、美女に出会う

 

詳しくは公式サイトをチェック